これは安い!¥34,800のエンジン式洗浄機 icon
icon icon

YouTube チャンネル



CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 木古内モード | main | 2008STDE木古内 その2 >>
2008STDE木古内 その1
0
    不屈のチャレンジ魂で遂に藤田貴敏が木古内を制覇!!



    優勝にふさわしい素晴らしいスピードでした。いきなり今回のハイライト映像でもったいないんだけど、なにより以下の連続画像をご覧ください。









    長年木古内で数々のエキスパート達の林道でのパフォーマンスを見てきたが、危ないと背筋が寒くなるほどの突っ込みのスピードを見たのは今回のこの藤田"塾長"の走りが初めて。ちょっと突き抜けたような、1ランク上のスピードを見せてくれました。海外のトップライダーを見ているような、自分の常識の上をいくような、震えるような速さでした。

    二日目は夜半の雨と朝から霧雨が降り続くコンディションで、木古内が本来目指しているサバイバルな展開となりましたが、もともとそういう悪コンディションは塾長が一番得意とするところ、そこに林道での速さも加わり無敵とも云える強さを発揮しての2日目の逆転勝利でした。

    レース自体は大変厳しい制約の中、苦心して作りあげたと思われるハイスピード気味のコース設定で、林道の割合が多めではあった。しかし林道も深砂利の難しい区間やガレガレが続くところなど、言われるほど林道オンリーと言う印象ではなくバリエーション豊かで走り応えのあるものではあったと思う。ただ走破するのが難しいかというとそれほどではなく、走破性よりはスピードを問われる内容であったことは確かだ。2日目の後半はウッズの登りなどがやはり荒れて木古内らしさも出てたし、全体的に路面は滑りやすく、安定して走るにはテクニックを要するものだった。

    ウォーターセクションはかなり少なくなったが、しかし他のレースでは考えられないほど多数の川渡りがあることには変わりがなく、今回は水量が大変少なかったおかげで水没トラブルはなかったようだ。

    周回数や時間設定、対面区間のルール変更など柔軟な運営が目立ち、ライダーとのコミュニケーションが出来ているとも感じた。

    今回は常連トップライダーの参加が少なかったが、それによるレースの魅力低下などは全くなく、もともと「全日本」だなどと煽ってきたのも我々ライダーやその周辺の者であって、STDE自体は第一回大会から変わらず木古内の雄大で魅力的なクロスカントリーの舞台を提供することのみに専念しているのであり、今年もその姿勢は変わっていなかった。

    さて、詳しい解説やレース展開はビッグタンクやフリーライドにお任せするとして、今年も画像メインでコメント付けてレポートしていきたいと思います。

    今回はハイビジョンカメラの撮影と、ゴール付近では一部の方々だけですがデジタル一眼レフで連写しまくってみました。もう楽しいとしか言えません(^^)

    デジカメ画像も近々画像アーカイブにアップしたいと思っています。昨日の夜は12時過ぎには帰ってきたんですけど、またまたマウス持ったまま寝落ちしてしまい、アップまではできませんでした。

    では早速レポートの開始です!



    初日はこの2人、キヨユキと高橋マーくんのバトルが復活!コーナー毎にラインを入れ替え、トップ争いを繰り広げます!









    両者とも少しブランクがあってのバトル、お互い様子見もあるのかも知れないがそれでも各周トップタイムを分け合って初日1位にキヨユキ、11秒差でマーくんとなった。



    イタリアンは今回調子良さそうだったけど、単独走行でペースが上がらなかったか、後ろの野村カズくんとりんちゃんに少し上を行かれて初日は7位。しかし二日目も安定した走りで追い上げます。



    #4五十嵐さんはなんかマシンが調子悪そうでタイムが伸びない。一方後ろの#6りんちゃんこと林佐一郎は絶好調でこのあと#7野村カズくんと最後までテールツーノーズでやりあってなんと見事に初日3位に入った。

    ここでちょっとトップは置いといて買ったばかりのカメラテストで撮ったデジイチの画像からも何枚か。



    Dr.510こと後藤公弥さん。GASGAS FSE450なんていう希少車?で見事完走。野太い音で林道とか気持ち良さそうでした。



    盛岡の人よりよく会ってる気がする中條さん。初日はかなり暑かったので水しぶきが気持よかったね〰。



    なんと初出場で見事完走の山形の"アベチー"こと阿部千晶。フルサイズに乗り始めてまだ数ヶ月?ながらYZ125をしっかりと乗りこなして、ヌルヌルの登りもスルスルと登って行き、見事な走りだった。詳しいレポートはアベさんトコでしばらく続く?ことでしょう!っていうか一杯書け!ほら書け!みんなも読みたいと思うぞ〰。日本全国の女性ライダーが興味津津で待ってるはずだ!言われなくても書くと思うけど!(^^)



    こちらは新設のEクラス、50歳以上のクラスでほんとに久しぶりの木古内エントリーの寺さんこと寺嶋和広。ユースケ、ゴウと渡ってきたYZ125はかなり限界に来てたみたいで初日でクラッチが切れなくなるという致命的なトラブルに見舞われたのだけどなんとそのまま走り続け、二日目もなんなく走り切るどころか順位も一つ上げてクラス2位をゲット!二日目の最初からクラッチなしがわかってて君だったらスタートできるか?俺なら無理だな。仮に行っても1周できる自信がない。あのヌルヌルのウッズをMXer125でクラッチなしで登れるか?最後まであきらめずに完走するというエンデューロの精神を身を持って示してくれたISDEシルバーメダリストはやっぱり凄かった。

    とりあえずこんなところで。画像もネタも死ぬほどあるのでまだまだ続きます!
    | STDE木古内 | 09:34 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    木古内お疲れさまでした。 
    キクちゃんを発見した時に「格好良く川を渡ろう!」と、ブッ転んだあべちーです。 
    思わずマイペースを忘れました(笑)
    カッコイイ写真有り難うございます♪
    ふてぶてしくも、タカちゃん画像も待ってマース♪
    | あべちー | 2008/06/23 2:47 PM |
    撮影お疲れさまでした。
    キクちゃんに直球を投げられ、これから少しずつメタボな体を
    引き締めて行きますので、懲りずに写真を撮って下さい。
    とか言いながら、お土産のチョコレート食べてますが...
    | Dr510 | 2008/06/24 2:09 PM |
    お疲れサマンサ!
    塾長の後を2日目の3周目かな?たまたま走ったんだけど、
    林道出たら、まさにアッとゆ〜間に見えなくなったよ。
    ありゃ〜速いわ。
    ワタシは余計なオマケもらって凹んでマウス・・・。
    | 町A。 | 2008/06/24 9:49 PM |
    撮影お疲れ様でした。

    画像で見ても自分とは思えないです(笑)

    町Aさんには作業道でプレッシャーをかけられたので、
    切れかけてた集中力が戻りました。
    ありがとうございました。
    | 塾長 | 2008/06/24 10:32 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.offroadparadise.main.jp/trackback/942933
    トラックバック