これは安い!¥34,800のエンジン式洗浄機 icon
icon icon

YouTube チャンネル



CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 99日高ビデオUP! | main | WR250R in ISDE >>
画像公開サイト
0
    そういえば、以前の大量画像公開のやり方オフパラ編というエントリーでデジカメ画像の公開方法の例を載せてたんですが、これを参考に画像サイトを作りました!という嬉しい報告をいただきましたのでご紹介→DORONUMAX WEB

    関西ハード系エンデューロシリーズのアクションエンデューロで撮影された大量の画像を公開されています。素晴らしい!

    なかなか他人様の写真を公開するのは踏ん切りが要りますが、愛情を持ってみんなの写真を撮り、全員で回し見するのが第一の目的という基本姿勢を守りつつ公開させていただく、という気持ちで理解を得ていくしかないと思います。

    でも撮影はホントに楽しいですし、最近のハイテクデジカメは素人でも簡単にスポーツ写真を撮れてしまいます。もちろんレースは出場するのが一番楽しいのですが、いろんな理由で出場しないときもあると思うので、是非みなさんも撮影にチャレンジしてみたら楽しいと思います。

    最近も良く聞かれるのですが、カメラは一眼レフじゃないとダメなのか?ってことなんですが、前々から言っている通りきっぱりとデジタル一眼レフじゃないとダメ!と言い切ってしまいましょう。一眼レフ以外のカメラではレースの撮影は凄く難しいからです。

    まず操作性の問題。レース撮影には望遠が必要。そうなると一般的にはズームレンズを使うわけですがズーム操作をレンズのズームリングを回すタイプじゃないと決定的にダメなのです。一眼レフ以外のデジカメの多くはズームも電動のスイッチタイプでこれが著しく遅く操作性が悪い。動きの速いライダーをなるべく大きく写すにはスイッチタイプのズームでは全く役に立ちません。なのであらかじめズーミングしておいて待ち構えて撮ることになります。これが大変難しいのです。ライダーは決まったラインを通るとは限りませんしね。

    操作性ではピントの合照速度やシャッターの切れるタイムラグの少なさももちろん断然違ってきます。

    ピントでいえばコンデジにもある機能ですが、コンティニュアスAFといってシャッター半押しのままファインダー中央等の測距ポイントに被写体を捉えつづけているとずーっとピントをそのライダーに合わせつづけてくれるというものがあります。これが超便利。ジャンプ写真を撮る時、ジャンプ台の向こうから接近してくるライダーのヘルメットの上だけ見えていれば、シャッター半押しのままそのヘルメットをファインダー中央に捉えていればあとはどーんと飛んで来てもピントが自動的に追随してくれるのです。簡単ですね。

    そして一眼レフはこのシャッター半押しが非常にやりやすくコンデジではやりづらいのです。

    CCD(CMOS)の画素数で見ると私が使ってるNikon D50はたかだか610万画素という最近のコンデジの半分ぐらいの画素数しかありませんが、CCD自体の大きさがこれまた決定的に違います。実は画素数の大小は画質にそれほど問題ではなく、CCDの大きさとその大きいCCDにくまなく光を供給できる大きい口径のレンズの性能が一番重要なのだと思います。

    例えば一眼レフルックで本格撮影も出来そうなパナソニックのDMC-FZ18という機種を見てみると810万画素CCD、広角28mmからの18倍ズーム、手ブレ防止機能、と一眼レフのエントリーモデルなど軽く凌駕する性能に思えます。しかし仕様を良く見るとCCDのサイズが「1/2.5型CCD」となっています。私のD50は「APS-Cサイズ」ですがこのサイズの違いがどんなものかというと、こちらのサイトで見ていただくと一目瞭然。けた違いなわけです。

    小さいCCDにたくさんの画素を詰め込む(狭小画素)と1画素あたりの受光量が減る(感度が悪くなる)という現象が起きます。これが写真の魅力である「ボケ味」を奪ってしまうのです。

    無論大きなCCDに十分な光を届けるためにはレンズも大きく重く、そして高価に(T_T)なってしまうわけですが、代わりに得られるレンズ自体の性能がもたらす高解像度を考えれば迷うものではない、比較にもならないレベルのものなのです。

    他にもまだまだメリットは多くありますが、せっかく数万円の出費をすると考えていてレースやライディングも撮ってみたいと思っているなら、絶対に一眼レフ、特に初心者ほど一眼レフにするべきです。

    日本が誇る超高性能なデジタル一眼レフをこんな安価に購入できる幸せ。だまされたと思ってヨドバシやヤマダ電機の店頭で試しにバシャバシャとシャッターを押して御覧なさい。その高性能・高精密な機械の質感にうっとりすること、虜になること間違い無しです(俺がなった(^^;)。しかもただバシャバシャ押してただけの写真が今まで見た事も無いようなキレイな画像でPCのモニターに燦然と表示されるのです。これを感激と云わずしてなにで感動するのか!

    まあたくさんの方から「俺も一眼レフ買ったよ〜」という話も良く聞いていて、そんなみなさんには分かってくれることだと思うのですがどうですかね?

    どうせ買うなら一眼レフですって。そして安めのコンデジも一緒に買っちゃうと(^^;そうすれば問題解決ですぜ。
    | - | 16:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック