これは安い!¥34,800のエンジン式洗浄機 icon
icon icon

YouTube チャンネル



CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 週末いろいろ | main | レインブラケット >>
大量画像公開のやり方オフパラ編
0
    なかばライフワークになりつつある大量画像公開なんですけど、最近はどこのイベント会場に行ってもデジタル一眼で撮影してる人を見かけます。せっかくだからその撮った画像を見たいものだな〜といつも思っています。

    撮影はなかなか難しいもので、撮ったほうとしてはあんましうまく撮れてないと公開するのがためらわれるものですが、撮られた被写体側としては、完璧なものじゃなくてもとりあえず見てみたいものだと思います。スナップ写真ならそれほど見たいとも思いませんが、ライディング写真ならね〜そりゃみんな気になりますよね。自分のフォームってなかなか見る機会ないし。

    でも知らない人様の写真を勝手に全世界公開してもいいものだろうかという不安は必ずあります。なので本人以外には誰だかわからないぐらいがいいのではと。リザルトやエントリリストを近くに置いておかない、リンクも貼らないとか。さがせばすぐ見つけられるわけですけどね。

    まあそんなに深く考えずにまずは公開してまずかったら即削除で行くしかないと思っています。

    さて、実際に公開する方法です。
    画像をアップする作業は面倒くさいものなので、とにかく凝らずに、シンプルに、楽チンに、素早くやれるようにする体制作りが肝心です。

    まずはレンタルサーバーを契約します。それこそ星の数ほどもありますので、安くて大容量のところを探しましょう。
    当オフパラサイトのサーバーはロリポップです↓。
    ★ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ!★なんと一番安いプランだと月額263円から!




    オプションつけて容量500MBにしても安いので1年分まとめて払っちゃうと、

    通常価格 [初費 ¥3,150]+[¥263×12]+[¥105×12] = ¥7,560

    になります。これなら許せる感じ。もちろんプロバイダではありませんから、今お使いのADSLなりが不要になるわけではありませんのでお間違いなく。あくまでもインターネットに公開中のサーバーの一部スペースを借りられるだけです。

    このレンタルサーバーではブログを3つ持てたり簡易ショッピングカートが使えたりと大変便利です。申し込みも簡単、サーバーも今のところ安定していて不具合も少ないです。

    サーバーのスペースを確保できたらまずはメインページとなるindex.htmlを作成しておきます。HTMLは一から勉強しようとすると難しそうですけど、簡単なタグだけならすぐに覚えられるので、入門書を一冊買うか入門サイト等を探して勉強してみることをおすすめします。単なるリンクのページならホントに簡単だし、タグによってブラウザが反応してくれるのは楽しいものです。そしてここでも、まずは最初はあまり凝らずにとにかくシンプルにやってしまうことが肝心だと思います。ホームページ作成ソフトなんて要りません。メモ帳で十分です。その他のソフトもフリーのもので十分です。ウチの画像アーカイブのページなんて恥ずかしいほどの初心者ソースになってます(^^;しかし余計なものがなく素早く表示され素早く目的のページにアクセスできることが大切なのです。快適に見られないサイトではリピーターは皆無です。せいぜいタイトルのロゴを作るぐらい?

    次に大量のファイルをサーバーに転送するのにftpソフトが必要です。私は定番のFFFTPを使っています。サーバーへの接続設定さえ出来ちゃえばマニュアル要らずの簡単ソフトです。ロリポップにも実際の設定の仕方が載っていますので安心です。

    続いては撮影してきた画像の処理の仕方です。

    まず撮影してきたSDカードをUSBリーダなどでPCに取り込みます。デジカメに付属してくる画像管理ソフトは使い勝手が良くないし遅いのでカードから直接HDDにドラ・ドロするのがいいと思います。

    数百万画素のオリジナル画像はそのままでは大量公開には向きません。なのでサイズ自体を小さくしてさらに強く圧縮して1ファイル50kbぐらいにしちゃいましょう。ADSLや光があたりまえとなりましたが、私の感覚だと1画像50kbぐらいがサクサクと表示されて気分がいいです。

    この縮小作業にはViX縮小専用。のあわせ技がおすすめ。

    まずViXで閲覧しつつピンぼけ、被写体なしといった完全NGのものを削除していきます。1000枚も見ていくのは大変そうに思えますが、撮ってきた画像を見るのは大変楽しい作業なのであっという間に終ります。不要画像がなくなったら縮小専用。を起動しパラメータを設定して、画像を「すべて選択」してドラ・ドロします。私は640*640サイズで彩度・シャープネスはなし、ファイルサイズを50kbにしています。

    1000枚あると20分ぐらいはかかります。

    これで出来た縮小画像フォルダをまたまたViXで閲覧し、今度はViXの「画像」→「アルバムHTML」コマンドで一気にHTMLのアルバム化します。

    これも10分ぐらいかかります。

    これでアルバム化されたらそのフォルダごとFFFTPで一気にサーバーにアップロードします。

    これが一番時間かかって30分ぐらいでしょうか。

    無事転送されたら、最初に作ったindex.htmlを編集してアルバムトップへのリンクを貼り付けます。

    ここまでをイベント当日の夜に一気に終らせるのが肝心です。イベントから日がたつほどに熱意が薄れていきます。見に来るほうの意欲も薄れていきます。どんどんやる気が減少していきます。鉄は熱いうちに打て!なのです。

    しかしとりあえずアップしちゃえばこっちのもの。たくさんの人が見に来てくれて嬉しくなります。役に立った気になれます。

    是非みなさんの写真も見てみたい!のです。
    | - | 13:03 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    500メガは魅力ありでぜひ利用したい所です、一つの大会終了後、画像をUPして1週間程度過ぎるとアクセスはなくなるので新しい画像UPの時入れ替えてしまうのを繰り返してました。私のはキャノンのイメージアルバムを利用していてカメラに付属するソフトから起こしてます、1台に付き100メガ、同一ユーザー名では100メガなのでカメラを2台所有して何とか200メガ使用できるようにしてましたが
    操作が少々面倒、見たい画像がサクサクと行かないのが難点ですね、しかしスライドで見れたりプリントサービス(キャノンのプリンターに限ります)が出来たりUPの原版サイズにみれたり出来て一枚ごとのアクセスや訪問件数が分かるのでどんな写真が人気があるか?等分析も出来るので、我慢して使ってました・・・オフパラ方式魅力があるので試してみようと思ってます。
    | KikO^O^mori | 2007/08/01 10:51 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック