これは安い!¥34,800のエンジン式洗浄機 icon
icon icon

YouTube チャンネル



CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< WOMEN'S X | main | WEC イタリア >>
SUGO 2DAYS PHOTOレポート完了
0
    いいかげんこれで最後にします。転倒日記のレポートも完結してますし。

    最後はやっぱり感動のファイナルクロス。



    各誌レポートではさらっと流されてるのが不満。感動したのは俺だけか。あたしゃすぐ感化されるタイプなのでああいう感動、興奮は思い入れたっぷりに文章にしてみんなに見せびらかせたいタチなんですけど、あんましそういうのは受け入れられないのかな。自分としてはみなさんの思い入れたっぷりな文章もたくさん読んでみたいんだけどな〜。みんなそんな暇ないんだろうね。

    そういう思い入れたっぷりな文章が読めないから自分で書いてる、っていう側面もありますね。さらに言えばそういう映像・画像も見られないから自分で撮る、みたいな。

    しかし、だ。そういう感情をダイレクトに表現して、見るもの、読むものに迫ってくる極めて情緒的な記事ってのはスポーツ振興には必ず必要だと思う。フジのF1中継がこんなに受け入れられたのも今宮純の解説と川井ちゃんのピットレポートがあったからこそと信じて疑わない。エンデューロでも胸が熱くなるレポートを読んでみたいな。

    さて、みんなが熱くなったファイナルクロス最終組。ジオがスタートからトップに出て我らがカントクをリードするという自分としては予想外の展開。しかも明らかに回しすぎな程全開で追うカントクがなかなか差を詰められないとは。

    1コーナーに陣取って歓声上げまくりでノリのいいみなさんからも「ウォ〜」っていう驚嘆の声が随時上がるほどのジオの凄い走り。ドロドロで大変滑るのでカントクはアウトのバンクに豪快に当ててフルスロットルな走り。しかしジオはイン側をくるっと回る。明らかにカントクの勢いが勝っているのだが追いつけない。そんなバトルに観戦者もヒートアップ。ジオとカントクに凄い声援が飛ぶ。





    しかしこの大坂一本の差が縮まらない。



    そしてついにこのフィニッシュジャンプのシーンに収斂されるわけだ。



    いやホント、こんなの数十万円かけて海外行っても見られないですよ。私の大好きなエンデューロなんですが、見てるだけでこんなに熱く感動させられるとはね。参りましたよ。

    来年もサプライズゲストがあるのかな?期待していいんでしょうか?





    そういえばダースポのジャンキーの記事にエンデューロテストで逆キャンバー気味のイン側のラインを通ってアウトのバンクを通ったユータローを抜き去る驚きの連続写真があったけど、俺がみたのもこんな感じ。



    この時は抜けなかったけど(ユータローも簡単にゆずったりせず臆せず頑張ってた)このイン側のラインでどうしてあのスピードで回ってこられるのかが不思議。



    ジオが見せてくれた全てが、日本のエンデューロシーンに深く深く浸透してハートに火をつける燃料となっていくことを願っています。

    そういえば通訳をしてくださった太田さんはモトクロス国際A級という神レベルの方なのでした。知ってた?→HAPPYYUKI

    あとジオパーティの進行をされてたあかねさんは元SUGOレースクイーンという、なるほどエレガントなわけだ、な方でした。→あかねのSUGOレポート

    エンデューロもモータースポーツの1分野としていろいろと認められていくと嬉しいですね。
    | SUGO 2DAYS ENDURO | 12:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.offroadparadise.main.jp/trackback/569016
    トラックバック