これは安い!¥34,800のエンジン式洗浄機 icon
icon icon

YouTube チャンネル



CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< Japan トロフィーチームその3 | main | Japan トロフィーチーム その5 >>
Japan トロフィーチーム その4
0
    ヤバっ!もうNZに着いてる人達がいるよ!

    なんかあせってきた。俺なんかがあせる必要はなんにもないんだけどさ(^^;

    にしてもニュージーランドからiMode(かな?)でのブログ更新は大丈夫って感じですね。ユータローやるなあ。私もN900iGをレンタルしたので、現地(しかも現場から!)更新の予定です。写メールで1回150円くらいかな?安いもんだと思う。目標現地100回更新!!←無理だし。

    さらに今回は中古ノートPCもゲットして無線LANアダプタ、モデムセーバー、モジュラー変換ジャック、そしてYahooBBのおでかけアクセスとDocomoの国際ローミング、と考えられる全ての通信インフラを整えました。タウポにはネットカフェもあるみたいだし、iPASSのローミングでも4ヶ所の無線LANスポットがあるようだ。宿にLANがあれば完璧なんだけど、いろんな手段があったほうが安心だしね。

    さらにプレスパスもこのサイト「オフロード・パラダイス」で申請したら無事受理されてプレスルームにも行ってネットも使えそうです。ついにウチも国際的なメディアとして認められたのか?な〜んてね、日本語のサイトなんて意味わかんないから画像とかでなんとなく判断しただけなんだろうね。

    さて、当人はもうニュージーランドに行っちゃってるけど、トロフィーチーム紹介の続きを!

    <<ここ一番のスピードならこの人 高橋政人(#55 E1 Yamaha WR250F)>>



    マサトンに関してはOff1のビックさんの記事が詳しい。何事も一所懸命で真っ直ぐ。愛されるキャラクターなのだ。

    マサトンを初めて見たのは2001年の木古内。MX-IB全道チャンピオンでIAに昇格したライダーがエンデューロに参戦して来るということで、結構話題になっていた。マシンはモトクロッサーまんまのYZ125。



    それはもう荒削りながら全開全開の走りでカッコよかった。



    結果、4st250/2st125クラスで藤原さん、イシゲに続く3位に入る。が、この時は総合ではさらに上にキヨユキ、三橋、博田といるわけで、さすがにいきなりトップには食い込めなかった。



    続く秋の道南ED。このレースに盛岡チームは大挙して遠征していて、中でも当時就職で花巻に赴任して来ていたユースケが急成長しているときで、道南でも上位に行くだろうと期待されていた。

    実質レースはマサトンとユースケ(GASGAS)の一騎打ち、3位以下をぐーんと引き離して2時間まるまるのバトルを展開した。

    スピードはやはりマサトンの方が上でユースケの前を行くのだがまだまだ荒削りで転倒してしまい、ユースケに抜かれてしまう。しかしまた復帰してユースケを抜き、また転んで抜かれ・・・ということを2時間延々とやっていたそうだ。結局ラストはマサトンが逃げ切りエンデューロ初優勝、ユースケが2位となった。

    レース後悔しさ一杯のユースケだが、「あの人は凄いですよ。ガレバでもワダチでも全部全開で突っ込んでいくんですよ。結果転ぶんで自分の方が前に行くんですけど、あれで路面に合わせられたら全然敵わないですよ」とのことだった。モトクロスの走りそのままにとにかく開けまくって走る姿が目に浮かぶ。

    その後エンデューロに目覚めたマサトン、本格的に道内のオープンエンデューロに積極参戦していく。

    プレストからWR250Fを貸与されて、2002年の木古内では王者キヨユキと大バトル、自身最高位となる総合3位をゲットした。WR-Fのトラクションの良さとエンデューロらしい安定感のある走りも身につけ、もともとある瞬発力も生かして北海道では敵なし、一躍全国区のライダーになる。



    持ち味はやはりこのきっちりとしたフォームとダイナミックな開けっぷり。



    見ててスカッとする迫力の走りだ。

    しかしそんなマサトンもケガに泣かされる。2004年のSUGO2Daysでは序盤から絶好調、テストでトップタイム連発で優勝も順当に見えたが、初日後半のテストで運悪く足を切り株に激しくヒットして足の甲を骨折、激痛に耐えてさらに1周して初日を完走するも無念のリタイヤとなった。痛みで足が着けない状態でも難所の連続で知られるSUGOのルートを走破。しかし何度も足が出ずに転び、マシンも渾身の気合で起こす。そんな姿に感動を覚えた。



    ここ最近はケガもなく本来の力を発揮しているように見える。去年の木古内では2日目健二カントクの前でも臆することのない全開走行で1周に渡って抑えていた。全日本EDでも無事トロフィー入り、初海外ということで舞い上がったり?しなければスピードは十分あると思う。ゴールドメダルだって夢じゃない。でもまずは完走して、日本チームを存分にアピールして欲しいし、またそれが可能なライダーだ。落ち着いて頑張ってくれ!!
    | ISDE | 10:58 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.offroadparadise.main.jp/trackback/438693
    トラックバック
    選手紹介!!
    オフパラで紹介されてます!! 2億円を越えた男!!高橋政人〜...
    | offバイクに何かを求めて・・・ | 2006/11/06 8:44 PM |