これは安い!¥34,800のエンジン式洗浄機 icon
icon icon

YouTube チャンネル



CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 2006全日本エンデューロランキング | main | Japan トロフィーチームその2 >>
JAPAN トロフィーチーム
0
    さぁ〜11月に入ってISDE本番まで10日あまり。取材の準備とかであれこれ考えまくってまして個人的にモノスゴク盛り上がってきました。

    ライダー、サポートのみなさんは早い人で来週早々には出発のようです。

    私は仕事の都合もあって残念ながらレース3日目からの観戦・撮影になりますが、それでも4日間、存分に撮りまくって来ようと思います。

    ということでそれなりに長い間このエンデューロ業界に身を置いてますので、今回のISDE参戦ライダー、スタッフのみなさんはお知り合いばかりです。せっかくですのでトロフィーライダーのみなさんの紹介でも僭越ながらやってみましょう!

    <<日本のエース!鈴木健二 (#53 E1 Yamaha WR250F)>>



    現・全日本MXヤマハワークスチーム「ジュビロレーシング」ヘッドコーチ。
    元ヤマハワークスで90年代後半のヤマハワークスを支えてきたライダーだ。

    自分もそうなんですけど、エンデューロの人達って案外モトクロスライダーのことを知らない。健二さんも単なる「IAの速い人」ぐらいに思ってるかも知れない。ということで実際の戦績を調べてみました。こういうときはMoto Racing Japanさんが非常に貴重な、というか唯一の情報源。こちらのリザルトアーカイブはホントに素晴らしい内容だと思う。とても助かります。ここで見ると健二さんの各年間ランキングは次の通り。

    年度   クラス  順位
    1991   250   10
    1992   250   3
    1993   250   ?
    1994   250   12
    1995   250   6
    1996   250   6
    1997   250   6
    1998   250   6
    1999   125   2

    約10年に渡り全日本のトップクラスであり続けたわけだ。
    そしてこの頃の全日本MXはメーカー招聘のUSAライダーがシリーズチャンプを取り続けていて、96年はマタセビッチとティシュナー対決、97年はマタセビッチとカイル・ルイス、という具合に、上位にガイジンが来ていた時代でした。その中でのランキング6位、ヤマハ勢で最上位、そういうライダーなのだ。



    ところで驚いたのがカイル・ルイスがまだバリバリの現役SXライダーで今年もランキング22位なんてところで頑張ってるってことだ。いまだに十分トップ10に入るライダーなのだ。今年36歳。すげーな。

    そしてこのカイル・ルイスとマタセビッチに97年のSUGOでは健二さんが勝って優勝したりしてるわけですよ。そういうライダーがエンデューロで日本代表として世界にチャレンジするわけですよ。もう期待するなってほうがおかしいです。紛れもなく日本トロフィーチームのエースだ。



    健二さんは非常に人当たりが良くて腰が低く、とても気さくな人柄だ。というか、かなり話し好きな感じ。特にマシンやライディングについて質問すると、それはそれは止まらないほどたくさん教えてくれます。なんといってもワークスのマシン作りをメインでやってる人なわけで、いろんなノウハウ、マシンの細かい特性、乗り方、なんでも詳しく、そして楽しく教えてくれます。今年の夏三沢で行われた健二スクールは本当に良かったという話をたくさん聞きました。



    みなさんも健二さんが暇そうにしてたらいろいろ聞きに行ってみましょう。貴重なことですよこれは。あんまし迷惑にならない程度にね。



    しかし健二さんもISDEには初挑戦だ。さすがにいきなりトップクラスってのは厳しいのではないかと思う。E1クラス、恐ろしく強敵ぞろいだ(他のクラスもだけど)。日本人初のゴールドメダルは大丈夫だと思うが、今年のE1チャンプ、セルバンテスをはじめ、アルベルゴーニ、ミケルス、ポーヤモ、フレティーニュ、グスタフソン、そしておまけに現役世界最高のエンデューロライダーと思う、ユハ・サルミネンまでいるこのクラス、テストで1回でもトップ10に入るタイムを出してくれないものだろうか?厳しいか?



    でも、マシンのセッティング能力、ライディングスキル、ISDEで求められるもの全てに死角がないように思えるんですよね。絶対やってくれるでしょう!レースにも慣れてくる3日目あたり、きっと世界を驚かせるタイムを出してくれるのではないでしょうか?

    私のこういう予想っていい方に裏切られるんですよね(^^;勝手な期待だけど、いちファンとして活躍を祈らずにはいられません。

    ファイナルクロス、盛り上がるんだろうな。とりあえず応援グッズとして日の丸を発注しましたよ。日の丸なんてどこで買えばいいかわかんなかったので、やっぱりネットで検索。そしたら案外安いもんだね→
    こちら


    安かったので早速数枚頼んでみました。
    ガスホーンとかチアホーンとかも欲しいんですけど撮影しながらはさすがに無理かなと自粛しました。

    まずは健二さんから書いてみました。こんな感じでどうでしょう?長くなったので次回へ続きます!

    | ISDE | 15:08 | comments(0) | trackbacks(2) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.offroadparadise.main.jp/trackback/435292
    トラックバック
    I.S.D.E. JAPANトロフィーチーム紹介
    Off-Road Paradise ZにI.S.D.E.に参戦するJAPANトロ...
    | ダートヌポーツ いい匂いのするモトクロスニュースサイト | 2006/11/02 12:28 PM |
    世界に向けて!!
    オフパラで紹介されてます!! ついに出発ですね〜 健二監督にはお世話になりました!! いいな〜行きたいが・・・...
    | offバイクに何かを求めて・・・ | 2006/11/02 7:14 PM |